本日川西店で起こしてしまった事故について

2月26日保護犬カフェ川西店で、犬同士のケンカにより
パピヨンのマロニーくんが命を落としてしまうという、
犬猫の命を守らなければならない立場として
絶対に起こしてはいけない事故を起こしてしまいました。

当時店舗責任者であるオーナーが不在で、
ボランティアスタッフのみで業務を行っていたところ、
犬同士の相性に対する認識が甘く、
マロニーくんの尊い命が犠牲となってしまいました。

適切ではない環境で飼育されている子を1日でも早く辛い状況から助けてあげたい、
殺処分されてしまう可能性がある子を助けてあげたいという思いで活動をしているにも関わらず、
管理の甘さからこのような事故を起こしてしまい、
その犠牲となったマロニーくんには謝っても謝りきれません。

ボランティアスタッフに対する教育不足、
ボランティアスタッフのみの業務になってしまっていたこと、
それを把握できていなかった団体の管理不足など心から反省しております。

安全には十分配慮して運営を行っていたつもりでしたが、
管理が行き届いておらず、支援者様の期待を裏切ってしまったことも
心から謝罪させていただきたいと思います。

誠に申し訳ございませんでした。

この事故を受け、川西店は3月1日まで休業することとし、
オーナーの店舗も含め全店舗のスタッフに対し安全管理の徹底教育をさせていただきます。

どんなに改善策をとろうとマロニーくんの命が戻るわけではありませんが、
二度と同じことが起きないように真摯に取り組んで参ります。

当団体に関して他にも至らないところもあるかと思いますが、
里親様、支援者様、カフェのご利用者様も
お気づきの点がございましたらいつでもご指摘いただければ幸いです。

改めて、保護犬猫のためにということを再認識して活動を続けて参ります。

皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。